第10回(2/14)医療健康分野参入研究会

内 容:
(1)QMSの入門と製造現場の査察の概要
上村 英一氏 (一社)日本の技術をいのちのために委員会 理事
       (一社)医療健康機器開発協会 理事

(2)医療機器開発における医工連携の重要性
●大阪大学国際医工情報センターの取り組み、今後の展望
●MDDコースへのステップアップ(プログラムの概要と受講の進め) など
 大阪大学循環器内科・国際医工情報センター 医師 岡山 慶太 氏

開催日時2020年2月14日(金)13:30~17:00
場所難波市民学習センター 第一研修室
 (大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
定員30名
内容詳細内 容:
・QMSの入門と製造現場の査察の概要
・医療機器開発における医工連携の重要性
・今後医療機器ビジネスへの参入を目指す企業へのメッセージ
・先生から見た医療機器産業の最新動向、今後の展望
・医療機器開発の実際~ハートロイド開発のご経験~
・大阪大学国際医工情報センターの取り組み、今後の展望
・MDDコースへのステップアップ(プログラムの概要と受講の進め) など
主催主催:地方独立行政法人大阪産業技術研究所
共催:一般社団法人医療健康機器開発協会、東大阪市、和泉市

参加申込

こちらは会員専用のサービスです。
会員の方は「ログイン」してご利用ください。
会員ではない方は「入会案内」をご覧ください。

PAGE TOP