「日本の技術をいのちのために」タウンミーティング

異業種ものづくり企業の医療機器分野への参入を支援するためのタウンミーティングです。
そしてまた、私たちは考えました。
自動車、家電がそうだったように、中小企業のしっかりした支えがあって初めてすばらしいものづくりができることを。そのうえ、医療機器は多品種のものが少量ずつ作られるので、もともと中小企業に向いた産業であることを。

あなたの持っている、ものづくりの技術を今以上に世の中のために役立てませんか。
暮らしと密接な関係がある医療。実は、その医療を支える医療機器は日本のものづくり技術が遺憾なく発揮できる分野なのです。
世界に認められ、「技」とも称される日本のものづくり技術。わたしたちは、この技術を武器に、医療分野への参入を志す人たちの案内役を務めたいと考えています。
自分の会社が持っている技術を世の中のために役立てたい、人から喜ばれるものを世に送り出したい。そんな熱い思いを発揮できる新しい分野が医療機器です。

開催日時2019年9月13日(金)13:30~17:00
場所総合生涯学習センター(梅田)第一研修室  TEL:06-6345-5000
(大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2 ビル5・6 階)
参加費無料
定員90人
内容詳細●「日本の技術をいのちのために委員会の活動について」
/妙中義之先生 (一社)日本の技術をいのちのために委員会 理事⾧
●「医療機器企業の目線で医工連携を知る􀊷モノづくり企業に期待すること􀊷」
「医療機器と非医療機器􀊷周辺機器の実際􀊷」
/小林 武治氏 大研医器株式会社 企画開発部 薬事・知財課 課⾧
●「医療機器ビジネスへの新規参入の実際􀊷企業の視点から􀊷」
/杉本 浩氏 スキルインフォメーションズ株式会社 代表取締役社⾧
主催【主催】一般社団法人日本の技術をいのちのために委員会・地方独立行政法人大阪産業技術研究所
【共催】東大阪市・公益財団法人東大阪市産業創造勤労者支援機構・和泉市・一般社団法人医療健康機器開発協会
【後援】経済産業省近畿経済産業局
大阪大学大学院医学系研究科・医学部附属病院 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ

参加申込




 

PAGE TOP